2017年05月25日

腑に落ちた


じろさんのふたなのか(二七日)の日、ちゃおみままさんがお忙しい中、わざわざ

わが家に来て下さいました。

きれいな花束と、箱までかわいい猫のクッキーを頂いて

ohana.jpg

securedownload (2).jpg

祭壇にお供えさせてもらいました。

jirosansaidan.jpg

引越しが落ち着いたら、店長と一緒に、ちゃおみままさんをじろカフェで

歓迎しようと思っていたのに、まさかこんな形でお会いすることになるとは

思ってもみなくて・・・何か話す度に泣いてしまって、申し訳なかったです。

そんな会話の中・・

うちの近所の天ぷら屋さんに、何匹か外飼いの猫がいる(去勢や避妊がされている

地域猫)らしいという話をしていて、オットは通勤途中に何度も見たらしく

モフモフ不足の私も見たい!触れたい!と思って、何度もそのお店の辺りへ用もなく

出かけて行ってるのに、まだ一度も一匹もお目にかかれないんです、と嘆いたら

ちゃおみままさんが

「じろさんが、邪魔してるのかもよ・・」と言ってくださって、思わず笑ってしまい

ました。いつも「お母さん、ボクだけを見て!」の愛情一人占めっ子だったから

さもありなん!ものすごく腑に落ちました。

じったん、君ってばホントに多頭飼いには不向きな子だったね・・と思ったら、また

泣けてきた・・

そんな色々を、ちゃおみままさんが優しく聞いて下さって、本当にありがたかった

です。今度お目にかかるときは、もう少し涙が乾いていたらいいな〜。

+++++

じ:「まだふたなのかだよ・・ボクだけを見てて〜!」 

横向きになったとき、天使の輪っかはそのまま真上なのだろうか?それとも

横になるのだろうか・・と一瞬考えた図↓

EFBC92-3e0eb - コピー.jpg


+++++



posted by じろはは at 09:19| Comment(8) | じろさんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

そうか、もう君はいないのか


今日のタイトルは、こちらからのパクリです。




じろさんが行き来できるように、各部屋のドアを少しだけ開けたままにしておく

クセが直らなくて、そうだ、もうじろさんいないから、ドア閉め切っていいん

だったと思う時、

猫缶と勘違いして来ちゃうから、ツナ缶をベランダでそーっと開けてたけど

そうだ、もうじろさんいないから、こんなことしなくていいんだったと思う時、

スーパーやホームセンターに行くたびに、ペットフード売り場をのぞいて

じろさんが食べてくれそうな新しいフード出てないかな〜と思うけど、そうだ

もうじろさんいないから、探す必要ないんだったと思う時、

オットとお出かけして、「あんまり遅くなると、じろさんが淋しがるだろうから

もう帰ろう・・」と言いかけて、そうだ、もうじろさんいないんだったと思う時

涙がぶわっとこみ上げて来るんですよね〜。

じ:「泣きたい時は、泣いたらよいのだ・・」

e0216469_8542022.jpg

・゚・(つД`)・゚・ウワァァァン じったーーーん!!

+++++

ところで・・・製作時は、ちょっと猫バカすぎるんじゃないかとか思われてたかも

ですが、じろさんの抜け毛で作った毛玉ボールに毛玉ストラップ、毛玉指人形は

今となってはとてもいい形見になりました。

securedownload (1).jpg

皆さまの所も生前にぜ・・あ、余計なお世話でしたか(´・ω・`)

+++++



posted by じろはは at 08:00| Comment(26) | TrackBack(0) | じろさんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

先にお祈りしてたのは


じろさんを荼毘に付した日の夜の話。

オットが「じろさんがカリカリを食べてる音がする・・」と言い出しました。

私には全然聞こえなかったんだけど、廊下から聞こえてきたらしい。

そっか・・・食欲が戻らなかったじろさんだけど、今はカリカリもちゃんと

食べられるようになったんだね、よかった(涙)・・・と思ってはっ!と気づく。

遺骨になって帰ってきたじろさんの祭壇に、私ってばお花は飾ってたけど、

お水もカリカリも、まだお供えしてなかったーーっ!

ごめんごめん!兄ちゃんが聞いたカリカリの音は、お腹空いたアピールだったんだね。

腹減った.jpg

そんなわけで・・・

今は忘れず毎朝、カリカリと白湯(←水より好きだった)をお供えしています。

saidan.jpg

そして最近、私より先にお祈りしてる者あり・・・

saidan - コピー.jpg

こ:「どうも!小じろです!お久しぶりです!」

こじろさん.jpg

じろさんの分身は、健在でございます。

+++++

posted by じろはは at 11:30| Comment(20) | じろさんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

影武者


じ:「わが死は、三年の間秘密にせよ!」

24.jpg

あなた、武田信玄ですか?影武者ですか?

そんなこと言ったって、もう皆さんにお伝えしちゃったから、秘密になんて

できません!

じろさん、時々天使の輪っかを頭にのせて、ブログに登場予定です。

色々ご心配かけててすみません。つまらん冗談が言えるくらいには私は元気です。

暖かいコメントをありがとうございました。

+++++
posted by じろはは at 10:29| Comment(26) | じろさんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

年刊じろさん その3(これで終わり)


つくりもののお餅と、猫のお餅じろさん。

680.JPG

珍しく伸びをするじろさん。

FullSizeR (30).jpg

アンニュイじろさん。

688.JPG

腹見せは「腹もめ!」の合図じろさん。

IMG_1251.jpg


段ボールを風呂のように使うじろさん。

686.JPG

まだ生乾きの自分のマットに乗ろうとするじろさん。

IMG_0985.jpg

水鉄砲飲みじろさん(友達撮影)

FullSizeR (28).jpg

お手手だらりんじろさん。

IMG_1470.jpg


かまってよ〜猫トントンじろさん。

FullSizeR (27).jpg

爬虫類顔じろさん。

FullSizeR (31).jpg

花より猫草くれよじろさん。

FullSizeR (29).jpg

だから花より、猫草がいいんだってばじろさん。

IMG_1045 (1).jpg

兄ちゃん(オット)とは、しょっちゅう小競り合いをしてたじろさん。

578.JPG

でもホントは、兄ちゃんのことも(ちょっとは)好きだったじろさん。

574.JPG

病院も車も苦手だったけど、がんばったじろさん。

FullSizeR (32).jpg

今は元気に、猫草天国で楽しくやってるかな〜。

IMG_0455.jpg

最後まで見て下さり、ありがとうございました。

+++++
posted by じろはは at 10:41| じろさんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

年刊じろさん〜その2


お客様お出迎えじろさん。

IMG_1067.jpg

お客様お見送りじろさん。

IMG_0653.jpg

ドレスアップじろさん。

IMG_1074.jpg

兄ちゃん(オット)につかまったじろさん。

IMG_1261 (1).jpg

男はボクにさわるな、じろさん。

FullSizeR (25).jpg

影までかわいいじろさん。

FullSizeR (13).jpg

なぜか日本酒が似合うじろさん。

IMG_0879.jpg

チャームポイントは天使の羽にダブルのハートじろさん。

IMG_1178.jpg

こんなまずいものが飲めるか!じろさん。

IMG_0869.jpg

ベランダパトロールに向かうじろさん。

IMG_1316 (1).jpg

めったに見せない、両足閉じじろさん。

IMG_1107.jpg

普段は前足閉じない党ですからじろさん。

FullSizeR (22).jpg

熟睡じろさん。

FullSizeR (24).jpg

深夜早朝に飯くれじろさん。

FullSizeR (11).jpg

水分補給中じろさん。

FullSizeR (23).jpg

寝る前に枕元でゴロゴロ甘えてくるじろさん。

IMG_0932.jpg

写真のストックが切れてきました、今日はこの辺で。

+++++
posted by じろはは at 08:00| Comment(42) | じろさんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

年刊じろさん(2017)


月刊じろさんの年刊バージョン、はじまるよ〜。

今年の1月からの写真を、いっぱい載せて行きます。

怒涛のブログ更新は、今はじろさんのことを色々書いたり、写真を貼ったり

することで、自分の気持ちを整理したいからです。無理をしているわけではないので

ご心配なく!

+++++

どんな首輪も着こなせるじろさん。

IMG_0037.jpg

のし餅じろさん。

IMG_0074.jpg

お利口座りじろさん。

IMG_0383.jpg

食パンベッドと同化するじろさん。

IMG_0376.jpg

年に数回、遊びのスイッチが入るじろさん。

IMG_0245 (1).jpg

水よりお湯派のじろさん。

IMG_0286.jpg

味わい深い表情のじろさん。

IMG_0121.jpg

前足閉じない党じろさん。

IMG_0191.jpg

窓辺でたそがれじろさん。

IMG_0393.jpg

こっちの窓からも外を見るのが好きだったじろさん。

IMG_0151.jpg

兄ちゃん(オット)にもまれるじろさん。

FullSizeR (14).jpg

寒い日のベランダパトロールは一瞬で終了じろさん。

FullSizeR (17).jpg

またたびに酔っぱらうじろさん。

FullSizeR (8).jpg

私のスマホの壁紙じろさん。

FullSizeR (9).jpg

お腹のなめhageもかわいいじろさん。FullSizeR (15).jpg

時々パソコン使ってたっぽいじろさん。

FullSizeR (10).jpg

目覚めたか人間よ、じろさん。

FullSizeR (12).jpg

まだまだ続きます。

+++++










posted by じろはは at 07:31| Comment(26) | じろさんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

おひげのDimitrisさんのこと


じろさんに暖かいメッセージや、きれいなお花をありがとうございました。

securedownload (1).jpg

皆さんに悲しんでもらえて、じろさんは幸せなニャンコです。

最近はブログを遠ざかって、お気楽にインスタグラムの一枚写真投稿が増えて

いましたが、そんな写真に海外の方から「イイね」をポチっと押して頂くことも

あって、その中でも、じろさんのことを大好きになってくれた方がいます。

Dimitris Gattuso Mimisさん (インスタID=dimitrismimis_)

(掲載の許可を頂いています)

正直、お名前の読み方がよくわからない・・どこの国の方かもよくわからない・・

ギリシャ語が母国語のような?でも聞こうにも、今さら聞けないっていうか

聞けるほどの英語力が自分にない・・別に聞く必要もないか・・ということで

勝手におひげのディミさんと呼んでいます。

そのディミさんが昔飼っていた猫に、じろさんはとても似てたんだそうです。

そのYajirobe君が、こちらです↓

securedownload (2).png

茶白の色合いや、しましましっぽ、表情とかも似てる! 

やっぱり甘えん坊な子だったそうです。

茶白猫甘えん坊説は、海外でも有効なようです。

じろさんの15歳のお誕生日には、ご自分で描かれたじろさんの絵を送って

くださったり、

securedownload (1).png

どこからそんなかわいい絵を探してきたんだっていうような

イラストに、ご自分とじろさんの顔を当てはめて下さったり

securedownload.png

とってもお茶目で、猫が大好きな優しい方です。

ディミさんがじろさんの訃報を知って、とても悲しんでくださって

ご自分のインスタに、じろさんを載せてくださいました。

securedownload (3).png

またまた号泣した・・・


+++++


じろははさんはじろさんを溺愛してたから、ご飯食べてないんじゃないか?

とか、倒れてるんじゃないか?とか心配して下さった皆さま方、大丈夫です!

ご飯が食べられなくなったじろさんの分まで、私食べています。倒れてもいません。

そしてそんな皆さんからのメッセージに、心から救われています。

ディミさんもだよ!本当にありがとう! 

I really thank you for supporting me! なんかもっと言葉を尽くしたいんだけど

英語よくわからない・・・気持ちが伝わってたらいいんだけどな!


+++++


posted by じろはは at 15:54| Comment(18) | じろさんの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

天使の羽があるから大丈夫


じろさんを見送る日、きれいな青空が広がっていました。

securedownload (1).jpg

引越し先の同じ県内にお住まいのちゃおみままさんが、お忙しい中

とてもきれいな花束を送ってくださいました。

IMG_2152.jpg

花束を見て泣いたのは、生まれて初めてです。

お心づかいが、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

そのお花の一部を、じろさんの棺に入れさせてもらいました。

でもあの子はきっと「お花だけ?猫草も入れてよ〜」って言うと

思って、大好きだった猫草も入れておきました。

じったんの背中には天使の羽があるからね、高いお空まで飛んで行けるね。

バイバイ、じったん。また会おうね。

+++++

この先↓には、荼毘に付される直前のじろさんを載せています。

そういうのを見るのが苦手な方は、スルーして下さいね。でもとても安らかで

きれいな顔をしていました。去り際も美しいうちの子です。(最後の自慢)




















FullSizeR (6).jpg


続きを読む
タグ:慢性腎不全
posted by じろはは at 22:55| じろさんの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

最期までがんばってくれました


今朝9時半頃、じろさんが静かに旅立ちました。

ご心配や応援をして頂いた皆様方、本当にありがとうございました。

数値が悪化したことは過去にもあったけど、また持ち直してくれると

信じていたので、こんなに急なお別れになってしまったのが、ただただ

悲しくて、後悔の涙が止まりません。

引越しが、病持ちの体に重いストレスを与えてしまったのかなとか、

引越し後、すぐにでも病院に連れて行けばよかったのかなとか、

そんなことばかり思っては、じろさんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

わずかながらも、自分からなめていたペーストフードが食べれなくなってから

シリンジで流動食を与えていましたが、それも受け付けなくなってしまい、

足元もふらつくようになり、いつも瞳孔が開いてぼーっとしているようになりました。

病院で大量に輸液をしてもらったら、回復するのかも?と藁にもすがる思いで

電話で先生に相談したら「自宅で輸液をしたり、声をかけてあげたり、なでてあげたり

した方が、病院に連れて来るよりいいと思います」と言われて、ああ、やっぱり

じろさんは末期の尿毒症なんだな、と知ることができました。無理をさせずに家族で

見守るのが最終的には私も一番だと思っていたので、入院を進めない先生でよかった

なと思いました。

ここ数日で軽い痙攣も頻繁に起こるようになり、全く目が離せない状態になりました。

よろよろしながらも自分でトイレに行けていたけど、昨日からそれも無理になり

最後の痙攣の後に、そのまま息を引き取りました。

ずっとそばにいて、じろさんの最期を見届けてあげられたのが、唯一の救いです。

毛並はツヤツヤで、顔もきれいで、今でも眠っているみたいです。

最期までよくがんばってくれた、かっこよくて愛おしい、私の自慢の猫!

じろさん、今まで本当にありがとう。大好きだよ!

そして私と同じようにじろさんを愛して下さった、全ての方に感謝をこめて。

+++++




タグ:慢性腎不全
posted by じろはは at 12:58| じろさんの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする