2017年06月29日

幸せの上書き〜ブログ最終回


先日、じろさんの四十九日を迎えました。

ペット霊園で合同の法要をすませてきましたが、たくさんの飼い主さん達が

来られていて、猫だったり犬だったりハムスターだったり色々だけど、わが子

同然に愛した子達を亡くして悲しい思いをしているのは、うちだけじゃないんだな

と改めて思って、仲間がたくさんいるみたいな気持ちになれて、勇気づけられました。

そしてその日の夜に、多分私の空耳か寝ぼけてたか、だとは思うんですが・・・

「空の入り口で待ってる」 という声が(頭の中に?)聞こえました。

空耳でも、泣くには充分でした。

四十九日を終わって、じろさんがちゃんと行くべき所へ行けて、そこで私を

待っていてくれるんだと思えてうれしかったです。

そんなこんなで、じろさんへの気持ちの区切りをひとまずつけることができたので

このブログも、今日で終わりにしたいなと思います。

これまで、じろさんをたくさん愛していただき、ありがとうございました。

たくさんのコメントもありがとうございました。

じろさんがつないでくれた、たくさんのご縁に感謝して♡

最終回は、甘々じろさん特集です♪(お母さん大好き特集...とも言う)

+++++

もともと甘えん坊の一人っ子だったけど、腎臓病になってからはさらに

甘やかしてしまった・・・

1.JPG

私の膝の上に乗るときは、いつも向き合って♡

1−2.JPG

そこおっぱいじゃない(腕です)けどね、私にだけ(兄ちゃんにはしない)してた

チュパチュパ。いくつになっても赤ちゃんみたいだった。

1−4.JPG

腹見せ(腹もめ)は主に兄ちゃんに対してだったけど、時々は私にも。

無防備にすべてをさらけ出して・・・

1−1.JPG

ナデナデされるのが大好きで

2月20日.JPG

2.JPG

3.JPG

かまってほしい時にすぐかまってもらえなかったら、ずーーっと

こっちを見つめてきた。

4.JPG

お決まりのジト目で

6.JPG

甘えた顔で

10−4.JPG

10.JPG

ソファーの上から

10−2.JPG

オットマンの上から

5.JPG

ねっとり、こっちを見てました。

8.JPG

もちろん、猫草を要求してる時も(笑)

9.JPG

じろさん別名、かまってちゃん。

10−5.JPG

15 - コピー.JPG

ストーカーっぽい時もあったっけ。

7.JPG

こわいよっ(笑)

10−3.JPG

寝る前には、必ず枕元に来てスリスリゴロゴロ。

IMG_0932.jpg

猫トントンがされたくて、わざと無視してたこともありました。

12.JPG

「飯はまだか」の早朝猫トントンも、今となってはいい思い出・・・

FullSizeR (3).jpg

FullSizeR (4).jpg

7キロの体当たりで、どーん!って来られることもありました。

IMG_1703.jpg

じ:「かまえっ!」

12−1.JPG

ナデナデすると、ホントにうれしそうな顔をして

15.JPG

大音量でゴロゴロゴロゴロ言って

14.JPG

13−1.JPG

とろけそうな、とびきりの笑顔を見せてくれた。

13.JPG

とっても幸せそうな顔してたね。

018.JPG

亡くなる前の数日は、本当につらそうでしんどそうな顔を見てきたので

それを思い出す度に涙が出たけど、たくさんのじろさんの幸せそうな顔で

上書きしておいたからね。もう大丈夫だよ(私が)

引っ越しのストレスで、じろさんの病気を悪化させてしまったのかな・・・と

ずっと申し訳ない気持ちでいたことも、新しい今の住まいや新しいじろカフェを

じろさんが自分の目でチェックしてくれて「まあ、いいんじゃない?」って

見届けてから、旅立って行ってくれたのかな・・とも思えるようになりました。

あまたん.JPG

じったん、今度会うときもこんな甘えた顔で、お腹のお肉を左右にたぷんたぷん

揺らしながら、私のもとへ一直線に来てね。

じろさん大好き.JPG

そうしたら、じろさんを抱っこして「あいかわらず重いな〜」って笑いながら

額の甘くてパンケーキみたいないい匂いを、胸いっぱいに吸いこむよ。

FullSizeR (1).jpg

それまでは、空の入り口で元気に待っててね。 

大好きなじろさん、また会おうね。

47−1.JPG


+++++
posted by じろはは at 08:40| Comment(49) | じろさんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする